このサイトではオシロスコープに関して、基本から少し踏み込んだところまでの情報を公開します。
数ある要素の中で特に水平システムと複数の種類に分かれている波形に関することが主で、ズームなどの機能面にも触れていきます。
その全てがほぼ必須となるような内容なので、使用するのであればいずれ知ることになるでしょう。
そのため早い段階から少し発展した知識を得たいという人は、ひと通り目を通して確認してみると良いでしょう。

オシロスコープの水平システム|ズームとは

オシロスコープの水平システム|ズームとは 基本状態のオシロスコープは画面上に波が表示されている状態ですが、それをズーム機能によって拡大することもできます。
表示される波には多種多様な特徴があるため、全体が把握できるような規模だと細かな部分まではわかりづらいことが多いです。
特に水平システム上で短い時間に何度も往復を繰り返す波だと、縦に線が並んでいて潰れたような見た目になってしまいます。
そんな時に活用できるのがズーム機能で、その全体の一部分に焦点を当ててより詳細なことが分かります。
その機能は必要になる場合が多いので、どのオシロスコープにも基本として付属していることが多いです。
ただズーム機能も万能ではなく、あまりに拡大し過ぎると捉え切れていない範囲まで表示しようとするため、逆に乱雑なグラフになってしまいます。

オシロスコープの水平システムを電圧にするXYモード

オシロスコープの水平システムを電圧にするXYモード オシロスコープは通常だと、水平システムに時間軸を置き、垂直が電圧を示します。
そしてそこでXYモードを取り入れると、水平システム部分も電圧にすることができます。
これは2つのチャンネルを使用して電気信号をオシロスコープに送る際に使われる機能で、それぞれの位相差の計測に用いることが多いです。
グラフとして同じ範囲で上下する電気信号であっても、それが同じ時間で繰り返されるとは限りません。
一方が1周する間にもう片方が4周するのであれば、当然違いが出てきます。
さらにその周期が開始される時間が異なれば、より複雑になります。
そんな差を計測するのにXYモードが役に立ちます。
位相差をXYモードで測定する場合、表示されるのはグラフのような波状になった線ではなく、特殊な図形のようになります。
2種類の信号の電圧が重なる部分が、グラフ上に記される図形です。
それをリサージュ図形と呼び、すでに周期のずれと比率によって形が定められています。
例えば比率も時間も全く同じだった場合は表示されるのが直線になり、時間が4分の1ずれると円形になります。
そして比率が異なると、より複雑な形になっていきます。
ただあくまでも振れ幅が同じなので、表示される図形は規則性に従った見た目になります。

電子計測器について詳しく知りたい

電子計測器